ここ数年マンションの価格は上昇傾向で、現在は調整局面です。まだ上昇する可能性もあり、買うべきかもしれません。

台風が来た時のマンション住みがする事
Topics

ここ数年におけるマンションの価格の推移

マンションの平均的な価格というものは、時期によって変動しているものです。そもそも不動産の価格というものは、全てが変動しているものです。集合住宅の場合も、その価格は時期によって変動している訳です。では果たして、ここ数年間の価格がどういう状況になっているのでしょうか。結論から申し上げると、やや上昇傾向にあります。

まず2,000年頃は、マンションの平均的な価格は約4,000万円という状況だったのだそうです。その状況は、数年間続きました。2,006年までは、ほぼ4,000万円台周辺で推移していたそうです。ところが2,007年あたりから、価格が大きく上昇したのです。2,008年などは、4,800万円近くにまで上昇していたこともあったそうです。ところが2,009年になってから、一度価格が下がります。4,500万円近くにまで下落しました。恐らくリーマンショックの影響かなと思いますが。しかしそれからは、また販売価格が上がってきたのだそうです。ですので現在は上昇している最中の、ちょっと調整局面というところです。見方を変えれば、これからは価格はまだ上昇していく可能性もある訳です。ですので現在は、マンションの価格が上昇する前に買うべきタイミングなのかなとも思います。

関連リンク

Copyright 2017 台風が来た時のマンション住みがする事 All Rights Reserved.