中古マンションを購入する際広告に出てこない重要な情報が実はあります。今回は知っていると得する情報をご紹介。

台風が来た時のマンション住みがする事
Topics

中古マンションの購入にあたり事前に調べておくべき事

購入価格の内訳が見えにくい新築マンションではなく、適正な価格で市場に流通している中古マンションを購入したいと考えられている方は、意外と多いのではないでしょうか。周辺環境や交通アクセス、学校区や生活必需施設等、広告に記載されている物件情報は大変重要ですが、実は他に知っておくべき情報があります。今回は、中古マンション購入検討者のための重要な修繕積立金についてご説明致します。ご参考にしていただければ幸いです。

修繕積立金は読んで字の如く、マンション全体を修繕する為に積み立てるお金です。建物を新築した際には長期修繕計画書を作成し、長期に亘って修繕する時期や対象箇所を明記しておきます。この計画書がしっかりと作られていれば、予定していた修繕工事はもとより、突発的な些細な修繕工事等にも充分対応できる内容になっているはずです。ですから中古マンションを購入する際は、事前に管理会社(または組合)へ連絡し、計画の妥当性、積立て金の過不足、不足がある場合の住戸あたりの負担増額の有無や予定を必ず確認してください。修繕積立金はそのマンションが存在する限り永続的に発生するものですので、月々の返済同様、長い目で見て付き合っていけるかを判断しておく必要があります。

関連リンク

Copyright 2017 台風が来た時のマンション住みがする事 All Rights Reserved.