中古のマンションの価格は、地域性と大きな関係があります。地域が異なれば、その価格も異なってくるものです。

台風が来た時のマンション住みがする事
Topics

中古のマンションの価格と地域性との関係

住宅の価格というものは、地域性と大きな関係があるものです。価格は、地域によって色々と違いがあるものです。そもそも賃貸の物件などでは、家賃相場というものが有るものです。それぞれの地域によって、色々と家賃の相場が違っているものです。地域Aの家賃相場は8万円で、地域Bは6万円などの具合です。そして中古のマンションにも、地域性との関係があるものなのです。

少し前のデータなのですが、東京23区における中古のマンションの平均の価格は3,400万円という状況だったそうです。ところが地域が変われば、その平均価格も大きく変わってくるものです。すぐ近くの横浜地域なのですが、その当時は2300万円円台という状況だったそうです。さらに東京から北方にある埼玉エリアの場合、約2,000万円という状況だったそうですが。そうかと思えば神戸地域などは1,500万円台でしたし、名古屋地域なども同じく1,500万円台だったそうです。ちなみに大阪地域は、1,800万円台だったようですが。このようにマンションの価格というものは、地域性と大きな関係があるわけです。基本的に東京地域などは、割と価格が高めになっていることが多いと思います。

関連リンク

Copyright 2017 台風が来た時のマンション住みがする事 All Rights Reserved.