中古マンションの場合ですと、手数料など、諸経費が多くかかってしまうので、注意しなければなりません。

台風が来た時のマンション住みがする事
Topics

中古マンションの諸経費について

中古マンションは、通常の登録費用以外に、仲介してくれる会社に払わなければならない手数料が生まれるので注意をしなければなりません。つまり、新築の物よりも、諸費用が高くなってしまうのです。一般的には、仲介手数料は、どれぐらいかかってしまうのでしょうか。物件価格の三パーセントぐらいになるのです。だから、三千万円の物件を購入するとなるとどうなるでしょう。そうなると、百万円近くに手数料を支払わなければならないのです。これはとても大きな費用になりますよね。ただ中古マンションの場合、売主が不動産会社ならば、仲介手数料は支払わなくても良いのです。ただ、物件によって、リフォーム料金がかかる場合も多いのです。クロスの張替え、あるいは、メンテナンス料金などが必要になって来るのです。だから、中古マンションを購入する場合には、物件を購入する以外の現金は多めに用意した方が良いのではないでしょうか。これはとても大きなポイントだと思います。

中古マンションの場合、他にも金利優遇にはならない事もあるのです。つまり長期ローンを組もうとしても、出来無い場合もあるので気を付けなければならないでしょう。こういった、部分に注意して、マンションを購入しなければなりません。

関連リンク

Copyright 2017 台風が来た時のマンション住みがする事 All Rights Reserved.